本文编写于 321 天前,最后修改于 321 天前,其中某些信息可能已经过时。

K「会議!会議っす!」
H「時間の無駄ですね。」
K「しょうがないでしょう!忘れちゃった!忘れちゃったの!」
H「一切通常運転ではないかしら。」
K「おいおいおい!凄く厳しい問題でしょう!他人事で処分するな!」
H「わかったよ…けれど、不安定も君の『キャラ』ではないか。」
K「で!貴殿の『見せ場』じゃん!貴殿の『存在意味』じゃん!」
H「あ…ん…」
K「もう一回いうよ!他人事で処分するな!」
L「無理だよ。今のHは、『意味』などに絞みすぎという調子だ。」
K「で!で!」
L「こちらの判断より、『忘れた意味』なんと、『無意味』と同じだ。」
L「あくまでも、『条件付けたものは必ず失敗』。逆に、『無条件で創作者になれ!』という主張を持っていなければ、あなたも、Hも、必ず失敗。」
K「悪魔だ!貴殿は!」
L「最初言ったんだろう?『目的』を創られなければ、『創作』しない。」
L「我々は動物ではない。」
K「…」
H「休みたい。」
K「それは、貴殿のすべての話?」
H「ええ。休みたいところ、『休みたい』と言う、それは『マコト』。」
H「『マコト』しなきゃ、判断もできない。」
K「…」
K「ああああああああっ!もうーーーーーー!」
K「『目的』なんとかなるじゃん!」
H&L「ダメです。」
H「別に思わないけれど、一点決着。『有名人になる』そういう主張は最初からはない。あれは面倒くさい。」
H「ただ『他人の為に』創作すると、君を止めるのは、僕の責任。」
K「…く」
H「時間は充分。考えろ。」
H「そうしなきゃ、廃棄しろ。」
K「…!貴様!」
H「僕は『R』を持って。」
R「『最優先事項を確保。』」
H「というわけで、命令で。」
H「発見せよ。無ければ、止められ。」
K「…」